コラム > 白物家電
白物家電 : 部屋干し衣類の生乾き臭の消臭やカビ菌の増殖を抑制 プラズマクラスター除湿機
投稿者 : staff.f 投稿日時: 2016-03-09 20:29:01 (394 ヒット)

花粉対策などで衣類を部屋干しされる人が多くなるこれからの季節。

衣類を部屋干しすると、生乾き臭や部屋のジメジメ感に悩まされる人もいらっしゃるのでは。

 

本日、そんな生乾き臭やお部屋の付着カビ菌の増殖を抑制できるプラズマクラスター除湿機2機種がSHARPより発表されました。

 

高濃度プラズマクラスターにより、部屋干し衣類の生乾き臭や汗臭をスポット消臭できるほか、衣類やお部屋に付いたたばこの付着臭を分解除去します。また、高濃度プラズマクラスターと除湿との組み合わせにより、お部屋の付着カビ菌の増殖も抑制できます。

 

大容量タイプの「CV-F120」とコンパクトタイプ「CV-F71」の2機種が発表され、大容量タイプは広いリビングでの衣類乾燥、除湿が可能になっています。ルーバーも約180度動くため、天井方向から床付近まで風が届き、上下2段干しの衣類もしっかり乾燥させます。コンパクトタイプは設置面積がほぼA4サイズで、洗面所など狭い場所での衣類乾燥、除湿に適しています。

 

どちらも低消費電力で経済的なコンプレッサー方式の除湿機です。

 

発売は大容量タイプの「CV-F120」が2016年3月15日。

コンパクトタイプの「CV-F71」が2016年4月15日。

 

「CV-F120」の最新価格「CV-F71」の最新価格はこちらから。

 

 

(画像はSHARPニュースリリースより引用)