特集
特集 : 絞り込みでぴったりの除湿器を見つけよう~上級編~
投稿者 : press.m 投稿日時: 2015-06-05 22:30:03 (831 ヒット)

水滴まだ雨が降り続く日は多くありませんが、梅雨入りした地域も増えてきましたね。
今日は、手軽に梅雨の湿気対策ができる除湿機を例に、絞り込みの方法をご紹介しましょう!


除湿機の絞り込みの何が難しいかというと、まずカテゴリが〔除湿・加湿・空気清浄機〕の中に入っていますので、初めての方は、除湿器だけを絞り込むのも迷われてしまうのでは?
そこで、一般的な絞り込みの方法について説明していきます。


①〔カテゴリ〕を選択する

まずは、絞り込み条件のカテゴリで「除湿器」を選択し、【絞り込みをする】ボタンを押してみてください。これで、すべての除湿器を抽出することができます。
また、ここで上位に表示されるのは、人気機種や新製品といった注目商品ですので、お好みのメーカーや予算、ネットの評判などを参考に、個別の商品について見てみましょう。画像をクリックすると、「製品を取扱っている店一覧」「製品のスペック」「製品の評判」「オークション情報」「価格の推移グラフ」などをご覧いただけますよ。
●生活家電>除湿・加湿・空気清浄機>注目の除湿器 ※カテゴリ:除湿器を指定

 

②〔除湿方式〕を選択する

さらに、除湿方式にこだわりたい場合は、こちらの項目もぜひ選択して絞り込みましょう。除湿方式は全4種類。主なものは、コンプレッサー方式とデシカント方式ですが、各除湿方式の特徴については最後に説明します。
●生活家電>除湿・加湿・空気清浄機>注目のコンプレッサー 除湿器 ※カテゴリ:除湿器,除湿方式:コンプレッサーを指定
●生活家電>除湿・加湿・空気清浄機>注目のデシカント 除湿器 ※カテゴリ:除湿器,除湿方式:デシカントを指定

 
主な絞り込みの方法は、①②の組み合わせになりますが、これら以外にもたくさんの条件項目がありますので、いろいろと設定してみてくださいね。


また、除湿以外の機能も備えた複合タイプの製品をお探しの方には、こんな裏ワザをご紹介♪
条件項目の選択で、除湿のみを「6畳以上」というように、使用する部屋にあった数値を選択します。この方法なら、除湿器も、除湿加湿器も、除湿空気清浄機も、とにかく除湿能力があるものを全部絞り込むことができますので、この中からお好みのタイプを選んでください。
●生活家電>除湿・加湿・空気清浄機>注目の6畳以上 除湿・加湿・空気清浄機 ※除湿:6畳以上を指定


以上、除湿器を例に上級編として絞り込み方法をご紹介しました。
ある程度の製品知識をお持ちなら、自由に条件を設定して、とことん自分好みの製品を見つけることができる、この絞り込み機能♪ 使わないともったいないですよ~!ぜひお試しくださいね☆


■各除湿方式の特徴について

  • 「コンプレッサー方式」
  • ・高温時にパワーを発揮するので、今からの季節にぴったり。
  • ・消費電力は、デシカント方式の約半分。
  • ・コンプレッサー特有の振動音がある。
  •  
  • 「デシカント方式」
  • ・高温時だけでなく、低温時でも除湿力が落ちないのが特徴。冬の結露対策に使用したい場合におすすめ。
  • ・軽量で小型。
  • ・ヒーターを使うため消費電力が大きく、室温が多少上がる。
  •  
  • 「ハイブリット方式」
  • ・コンプレッサー方式とデシカント方式の長所を組み合わせたタイプで、一年中、快適に使用できる。
  • ・現在、パナソニック製のみで価格がやや高め。
  •  
  • 「ペルチェ方式」
  • ・運転音が比較的静かで、軽量・小型。
  • ・ほかのタイプに比べ除湿能力が低く、低温時は特に能力を発揮できない。部屋で使用するより、押入れなど狭い空間でのサブ利用に。