投稿者 : staff.f 投稿日時: 2016-02-17 20:23:45 (290 ヒット)

「360°パワフルスチーム」で使いやすさが向上した衣類スチーマーPanasonicから発表されました。

 

デザインによっては通常のアイロンだとしわを伸ばしにくいものがありますが、この衣類スチーマーなら、衣類をハンガーにかけたまま、手軽にしわを伸ばすことができます。

 

以前はスチームが出にくかった角度でも「360°パワフルスチーム」でスチーム噴射可能角度が拡大され、使いやすくなりました。また、スチームボタンの高さを2mm高くすることで、連続してスチームを使用する際の操作がしやすくなっています。

 

今回の衣類スチーマーは、スチームパワーでの脱臭・除菌に加えて、アイロン面を生地に押し当てて使用することで、衣類についた花粉・ダニ由来のアレル物質の抑制効果が実証されたと発表されました。

 

スチーム&プレスの両方として使える「NI-FS470」と、ふんわり仕上げ用「NI-FS320」の2種類から選べます。

 

せっかく気に入って買った服ですから、綺麗に着こなしたいですね。

 

2016年4月11日発売。

 

 

(画像は Panasonic 製品ページ より引用)


投稿者 : staff.f 投稿日時: 2016-02-10 17:28:51 (916 ヒット)

赤い電子レンジや冷蔵庫など、赤くておしゃれな家電がたくさん出ていますが、今度は赤いエアコンです!

 

洗練されたデザインで、エアコンの新スタイルを提案する「霧ヶ峰Style FLシリーズ」が三菱電機より発表されました。

 

カラーはボルドーレッドとパウダースノウの2色。

 

室内機はヘアライン加工を施したパネルに塗装することで、光を反射する粒子がヘアラインの凸凹に入り込み、表面から見ると立体的に光を反射。深みと透明感のある仕上げになっており、家具のたたずまいを醸し出す端正なデザインになっています。

リモコンもヘアライン加工を施した「スタイリッシュリモコン」を採用。

 

正面から吹き出し口が見えない格納式フラップ構造「匠フラップ」と運転停止時はボディに格納されるセンサー「ムーブアイ極」で、デザインと快適性の両立を実現。

 

また、簡単にフラップや室内機の中まで掃除できる「はずせるボディ」を新たに採用。お手入れの難しいエアコン内部は「ハイブリッドナノコーティング」を施すことで、ほこりなどの付着を抑制し、清潔を保ちます。

 

発売は3月下旬。

 

霧ヶ峰Style FLシリーズの最新価格はこちらから。

 

(画像は三菱電機 ニュースリリースより引用)


投稿者 : staff.f 投稿日時: 2016-02-08 17:17:50 (194 ヒット)

床面を見分けるロボット掃除機 RULO(ルーロ)「MC-RS200」がPanasonicより発表されました。

 

「ハウスダスト発見センサー」と新搭載の「床面検知センサー」でゴミの量や床面を見分け、状況に応じたきめ細かい掃除を可能にしたロボット掃除機です。

 

また、「お掃除サポートリモコン」で、曜日・時間・モードなど、生活に合わせた掃除予約が自由に設定できます。掃除レポート(正常終了、エラー内容、掃除時間)を音声で確認することもできます。

 

新ダストボックスで、集じん容積約1.5倍、お手入れとゴミの捨てやすさも向上しました。

 

色はホワイトとブラックの2色。

MC-RS200 ホワイトの最新価格MC-RS200 ブラックの最新価格はこちらから。

 

発売は2016年4月20日。

 

 

(画像はPanasonicプレスリリースより引用)


投稿者 : staff.f 投稿日時: 2016-02-03 21:03:15 (389 ヒット)

なんと、最短10分でご飯が炊ける高速小型炊飯器「poddi (AK-PD01)」が神明精米より発表されました。

 

「いつでも気軽に炊きたてのご飯を」がコンセプト。

 

「ソフトスチーム米」という専用のお米を使うことで、洗米せず、浸漬せず、短時間でおいしいご飯が炊けるようになりました。ボタンも2つだけと操作も簡単。専用のソフトスチーム米は白米、玄米、もち玄米の3種類が同時に発売されます。

時間はかかりますが、一般米を炊くこともできます。

 

1.5合炊きで、色はホワイト、レッド、ブラウンの3色展開。

 

 

2016年2月15日発売予定。

 

 

(画像は神明ホールディング 公式お米ショッピングサイトより引用)


投稿者 : staff.f 投稿日時: 2016-01-25 17:42:56 (188 ヒット)

最近、便利だなぁと思う家電の一つが食器洗浄機なのですが、まだまだ「私は自分で洗うから食器洗浄機なんていらないわ!」と言われる方もいらっしゃいます。自分で洗わないと気が済まないという方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな”食器は自分で洗う派”の方も、乾燥は機械にお任せしてみてはいかがでしょうか?

 

 

約100度の高温熱風で清潔乾燥する食器乾燥機「<サラピッカ>DHG-S400」がタイガーより発表されました。(DHG-S400の最新価格はこちら)

 

高温約100℃(吹き出し口温度)の熱風が吹き出し、食器、まな板、ふきんを清潔乾燥してくれます。

トレイ、食器カゴ、箸立てはステンレス製でトレイは外して丸洗いもできるので、お手入れも簡単そうですね。

着脱式ふきんかけもついており、ふきんも清潔乾燥ができ、省スペース・コンパクト設計で、6人分の食器乾燥が可能となっています。

 

食器かごのみステンレス製の下位機種「<サラッピカ>DHG-T400」もありますよ。(DHG-T400の最新価格はこちら)

 

 

少しだけ、家事を機械に手伝ってもらって、自分の時間、家族との時間を持つのも良いかもしれませんね。

 

 

(画像はタイガー製品ページより引用)


« 1 2 (3) 4 5 6 7 »