次の記事>

テレビって簡単に壁掛けにできるものなの?


実際にテレビを壁に掛けるのは結構大変だと思いませんか?
まず、壁の耐久性の問題。ほとんどの住宅の壁は、石膏ボードでできているみたいです。その石膏ボードがテレビの重さを支えることができるか?と言うと、答えは「No」。テレビのリフォーム番組を観てもわかるとおり、壁って意外と薄いんですよね。
でも、どうしても壁掛けにしたい!というわけで、ちょっと調べてみました。

一番簡単なのは、パネルと一体化したラックにテレビを吊り下げる方法です。パネルにテレビを固定して裏側に配線を逃がして、「壁掛けしている風」に見せかけるんだそうな。

壁に施工する必要もないのでわざわざ業者さんに頼まなくて良いし、DIYレベルで設置できるので案外ハードルは低そうな気はします。
配線も隠せるから、良さそう。手っ取り早く「壁掛けにしたい!」人におすすめの方法かな。

同じようなやり方で、壁と一体化するラックを設置して、「壁掛けしている風」に見せる方法もあるみたいです。
この方法だと、テレビをラックに設置するので配線もそのフレーム内に収めることができるし、見た目もすっきりしそう。パネルにテレビを固定する方法より、安定感もあるかも?
ただ、ラックを壁に固定するために壁に穴を開ける必要がある場合もあるみたいです。あ、壁に穴を開けられる環境だったら、本当の意味の「壁掛け」にすることもできるのか…。

  ってことで、本当に「壁掛けにする」方法を。
最初に書いたように壁って意外と薄いけど、壁の内部にある「間柱」と呼ばれる上下に通った柱にテレビの重量がかかるようにすれば、壁掛けも可能みたいです。ただ、この「間柱」は素人にはわかりにくいものなので、DIYは絶対に無理です。家にアシベの父ちゃんがいれば良いですけど、一般的には無理です。「どうしても…」と言うなら自己責任でお願いします。
[ 壁掛け風テレビスタンド ]

…ウソです、自己責任でもやめてください。必ず業者さんに相談しましょう。…わざわざ書かなくてもわかるとは思いますが、賃貸住宅にお住まいの方は絶対に無理ですからね。暴走しないでね(アシベの父ちゃんがいれば話は別ですが ←  しつこい)。

さて、実際に壁掛けにできたとしましょう。配線が気になりませんか?気になりますよね、ええ、そこは気にしましょう。
壁に穴を開けて壁掛けにできたんだったら、思い切って配線も壁の中に入れちゃいましょう。
同じことを何度も書くと壁のプライドを傷つけるようで気が引けますが、壁は意外と薄い。ということは内部に空洞がある。だったら、壁の中に配線することもできるんじゃね?って話です(断熱材が入ってたりするんじゃね?って気もしますが、気にせず進めます)。
やり方としては、テレビの裏に大きめの穴を開け(勇気200%)、その直下に空のコンセントプレートを設置してその間に配線するんだそうな。配線の保護が気になる場合は、最初に配管を通してから配線すると良いらしい。…素人には絶対無理ってパターンです。まぁ、どうせ壁掛けにする時には業者さんに相談しないといけないんだから、最初からまとめて相談しておきましょう。忘れていても業者さんから言ってくれるでしょうし(そこは人それぞれ)。
コンクリートの壁や、横に柱が通っていて壁の内部に配線を通せない場合は、壁の表面に配線を行うことになるけど、壁紙の色に近いモールを使って配線をカバーすれば、すっきりと見せることができそうですよ。それでも良いよね。

「壁に大きな穴なんて開けられない!」という場合は(普通はそうでしょう)、AVアンプで配線をまとめてみるのはどう?
レコーダーやゲーム機などテレビ以外の外部機器の配線は、一旦AVアンプでまとめることでテレビとの接続を1本のケーブルで済ませることができるんですって。
映像や音声の端子もいろいろな種類があるけど、最近のAVアンプではそれら旧来の端子からの入力をすべてHDMIという1本の端子で出力できるので、テレビへの配線数を抑えることができるんです。昔はゲームのケーブルやらビデオデッキのケーブルやらがごちゃごちゃになって見苦しかったけど(あ、うちだけ?)、便利な世の中になりましたね。あのごちゃごちゃを思い出したら、これだけでもすっきりした気がします。

テレビを壁掛けにするのって、案外簡単そうじゃありませんか?
あと本当の「壁掛け」にする場合は、録画機能を内蔵したテレビがおすすめですよ。


壁掛けにお勧めのテレビ


[東芝 REGZA 42Z7]

[SONY 3D BRAVIA KDL-40HX850]

[LGエレクトロニクス Smart TV 55LM7600]

[SHARP フリースタイル AQUOS LC-20F5]
友達に伝える
カテゴリートップ
TOP

トップへ