投稿者 : kakakuhiroba 投稿日時: 2018-05-26 19:49:25 (497 ヒット)

2018年12月、いよいよ4K放送が始まります。4Kテレビ自体は珍しくなくなってきましたが、4K放送を受像するチューナの開発はまだ途上でした。いよいよ放送開始まで半年となった6月に、先陣を切って東芝 4K REGZA 新シリーズに、本放送対応の4Kチューナが搭載されるようです。(追記 その他の 8Kチューナ内蔵テレビ4Kチューナ内蔵テレビ )

放送開始時には、ネットまたは電話での登録が必要かもしれないみたいで、若干不確定なところもありますが、それでも、本放送が始まったらすぐに4K放送が楽しめるという、ある意味「当たり前の4Kテレビ」がやっと登場することになります。

4K・8K放送は、電波のやりくりの都合上、今のBS帯域を使い回す6チャンネル(NHKと民放キー局)と、パラボラアンテナや配線の交換が必要(必要で無い場合もあります)なチャンネル(NHK 8KやWOWOWなど)があります。現在搭載されているチューナ自体は、全ての4K放送に対応しているようなので、本放送開始時には、2K地デジ・2K BS・4K BS が視聴できるようになるようです。

この改変に先立って、BS電波のやりくりのため、2K BS 放送への電波の割り当てが減り、画質が地デジ並みに落とされました(WOWOWを除く)。そして、ほぼ同時に 4K 試験放送が始まりました。このチューナ内蔵テレビで、買ってすぐに 4K 試験放送がネイティブ4Kで視聴できるほか、12月の本放送開始から4K放送を視聴できます。

この4K放送は、4Kチューナ非搭載テレビでは全く視聴できません。(画質が落ちるという意味ではなく、全く映りません) 4K の幕開けを視聴できるのは、4Kチューナを持っている人だけ。これから、既存の4K・2Kテレビ用のチューナが発売されるでしょうが(地上アナログ放送終了時にも、デジタルチューナが売られてましたよね)、チューナ内蔵のテレビだとリモコンもすっきりしますね! 他社も追従してくると思いますが、今、4K テレビを買うなら、東芝 4K REGZA 新シリーズ を待った方がよさそうです。

既存のパラボラと4Kチューナで視聴できる予定の新放送チャンネル

  • NHK 4K
  • BS朝日 4K
  •  
  • BSジャパン 4K
  • BS日テレ 4K
  • BS-TBS 4K
  • BSフジ 4K

パラボラアンテナなどの交換が必要な新放送チャンネル

  • WOWOW 4K
  • NHK SHV 8K
  • ショップチャンネル 4K
  • QVC 4K
  • 映画エンタテイメントチャンネル
  • スカチャン4K (1~8 計8チャンネル)

※チャンネル名称は異なる場合があります。

※見落としがあれば、リンク先の絞り込みでもチューナ非搭載の機種があるかもしれません。念のためメーカページでご確認下さい。


投稿者 : staff.a 投稿日時: 2018-01-08 22:49:58 (246 ヒット)

エアコンをつける季節、気になるのは乾燥です。乾燥した空気がお肌の大敵なのはもちろんですが、インフルエンザや風邪に感染する危険もあります。
しかし、それと同時に気になるのが音。乾燥が防げても音が大きすぎるのは困ります。

そこで、価格広場で加湿器を検索し、その中でも運転音が30db以下の商品を検索してみました。

すると静音ナンバー1を売りにしているメーカーを発見!
中でも目を引くのがおやすみモード搭載のダイニチRXシリーズ
このRXシリーズは「気化式」と「温風気化式」を併用するハイブリット式の加湿器で、まずはヒーターを利用し「温風気化式(水を含んだフィルターに温風を当てる仕組み)」ですばやく加湿、設定した湿度になると今度はヒーターをオフにした「気化式」で省エネ運転。部屋の状態に合わせて運転を自動的に切り替えてくれます。

また、うれしい機能が約13dbの静かさで運転してくれる「おやすみモード」。
10dbが呼吸音程度の大きさといわれていますので、これなら気にせず眠ることができそうですね。

リビングに、寝室に、オフィスに設置して、寒い時期を乗り越えましょう!

 

 

 





 



 


投稿者 : staff.a 投稿日時: 2018-01-07 17:43:25 (1042 ヒット)
エアコンが活躍する季節になりましたね。この時期、電気代が増えて引き落としの時に驚いちゃうこともありますよね。

電気代を抑えつつ、快適に過ごすには? 最近は電気代を節約する「省エネエアコン」もあるけど、どれがどう違うのか?

その指標の一つが「APF(通年エネルギー消費効率)」です。これが高ければ高いほど省エネエアコンとして優秀なのです!

APFの数値の根拠は国の基準で細かく決められていますが、簡単に言うと、APF=6のエアコンは、APF=3のエアコンの半分の電気で同じ働きをします。つまり、同じ利用スタイルだと電気代が半分で済むようになる、ということです。

皆さんもこの指標を利用して、カンタンに省エネエアコンを検索しましょう!

APF 7.0以上の最新省エネエアコンの最安値も価格広場ならカンタン検索できますよ!


ちなみに2018年1月8日現在の価格広場に登録されている最も省エネなエアコンは、APF8.2の「ダイキン エアコン A シリーズ AN80SAP ホワイト (AN80SAPW) 」です。こちらも要チェック!







 


 


 


投稿者 : kakakuhiroba 投稿日時: 2017-11-01 23:33:06 (742 ヒット)

3月の発売以来大人気を博している Nintendo Switch。入手困難な状態が続いており、、定価(本体税込32,378円)以上での販売が行われていますがが、地方の量販店や公式ストアで、徐々に入手しやすくなっております。

価格広場では、できるだけ正規販売店での入手をオススメします。大きな理由は2つあります。現在、生産体制が強化されて品薄が弱まっている点、そして、正規販売店での購入品でなければ保証が効かない可能性がある点です。初期ロットにボタン不良などの問題がある点があるようで、任天堂の手厚いサポートを考えると、完全に遊べなくなるほど壊れれば交換してくれる可能性が高いと思っているのですが、その際、外箱に貼られている保証書の内容が正しいかどうかが問題になる可能性があります。また、転売品であれば、保証期間が最初の購入日起点だったり、そもそも入手元を知られないために、販売店情報が捺印されてないかもしれません。(このあたりは伝聞情報ですので、間違っていたらごめんなさい)

執筆時点(11/1)では、毎週水曜日の正午過ぎに公式ストアでそれなりの数が予約販売されており、今日も、12時3分頃から13時前まで予約が受け付けられ、繋がりにくくなることはあったものの、予想以上に時間には余裕がありました。編集部の方でも購入を試みましたが、途中「アクセスが集中しているため人数を制限しています」という画面が出たものの、1分ほど待って再読み込みをしたら続行できました。各種手続きをして、あっさりと予約完了。定価で買えました! これをプレゼントするという企画も考えたのですが、故障時の対応や景品表示法がらみの関係で断念しました…(編集長)

今日公式サイトで予約した分は、12月10日頃の出荷となるようで、クリスマスにあわせるには来週か再来週が期限かと思います。それなりの数が用意されているようですので、水曜日の正午に公式サイトにチャレンジしてみて下さい!

もちろん、Nintendo Switch ハードの最安値も、Nintendo Switch ソフトの最安値も、価格広場で!


投稿者 : kakakuhiroba 投稿日時: 2017-08-04 14:33:49 (1045 ヒット)

依然として入手しづらい状態の人気ゲーム機 Nintendo Switch ですが、出荷量が増やされ、入手が比較的容易になってくるようです。

一部の転売店で「残りわずか」という表記がありますが、これは嘘です。残りは潤沢になる方向ですので、焦って定価以上で買う必要は無いかもしれません。いや、1分1秒が惜しい、という方には、お金で解決という手も悪くはありませんが、価格広場を賢い買い物にお役立て下さい!


« 1 (2) 3 4 5 ... 27 »
トップへ